住まいの値段の内訳/林芳宏

  これまでのAnTメンバーの投稿を元に少し硬い話をしたいと思います。
建築の値段を評価するには中身がどうなのかを考えた上でなければ、ただ金額だけで高い、安いは評価できません。

建築工事の値段は基本設計が終わった時に出す概算工事金額と実施設計が終わった後に出す最終的な工事金額があります。
概算工事金額は設計者がこれまでの実績や今回の特殊事情などを基にして算出するもので、実施設計を始める前に予算に合っているかを確かめる作業になります。ここで、予算オーバーになった場合は中身を見直し、建築主と相談して内容の変更を行います。それを基に実施設計を行い、詳細を決めていきます。実施設計が終わったら、入札又は特命工事で施工会社に見積もりを依頼します。

元請け会社が作成する見積書の内訳をおおまかに分けると


1.直接工事費 2.総合仮設費 3.諸経費 に分けられます。


1の直接工事費は様々な工種に分けてそれぞれの工種の専門会社が見積もりしたもので、材料費と工賃に分けて見積もりされます。

2の総合仮設費は工事中の仮設用電力費や水道代や仮設事務所費など、工事全般にかかる費用で、直接工事費の金額に一定の割合で算出された金額です。

3の諸経費は施工管理担当者の人件費や元請け会社の経費や利益を示します。


設計者は特に直接工事費の見積もりを数量や単価の部分をチェックして妥当かどうかを確認します。数量は実施設計に基づいた実数量に歩留まり分などを足して算出されますので、確認の対象となります。単価もこれまでの実績や市場単価の資料を基にして確認します。

つまり、何にどれ程の値段がかかっているのかを正確に把握します。ですから、工事中の追加工事も一体どれだけ追加なのか数量で確認できますので金額が増えないように他で下げるなどの調整もできます。


「坪いくら」や「一式いくら」だけで決まった工事費ではないので中身を正確に把握した上で建築主に説明して納得していただいた金額であることは、施工者にとっても透明な工事となっているので、最後まで皆が納得して工事を進められるということです。わかりにくい工事金額の中身を建築主に代わって正確に把握することは建築主にとってはなにより納得できることだとおもいます。


数社の施工会社へ見積もり依頼をした場合、競争になるので、安くなる傾向にありますが、金額の中身を正確に確かめて比較しないと、契約後に数量不足や、見積もり忘れがあったりしては工事金額が変わってしまいますので設計者は神経を使います。

その結果、適切な金額で工事できれば建築主にとっては安くて良い買い物になるわけです。これは中立的な立場で工事金額を査定できる設計者があってのことなので建築主には安心できる存在だと言えるでしょう。そして設計図通りに工事が行われているか、見積の内容通りになっているかも設計者がチェックしますのでさらに安心です。


建築工事の金額は正確に中身を把握することで初めて意味をもつといえるでしょう。

投稿者  :林 芳宏
投稿日  :2011.09.09 Friday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


建築家に何を期待するか/山田哲也

AnTcafe3rd「0.1億円のすまい」展を終えて 

「君に設計をお願いすると高いんでしょ?」

よく耳にする言葉です。

「君ならどんな提案ができる?」

そう聞いてくださる方がいらっしゃらないのは、まだまだ僕たちの仕事が浸透していないということでしょうか。

水野敦さんが先に説明していらっしゃるように、総予算から土地代や設計料等を差し引いた分が建築本体にかけられる金額になるわけですが、私たちが設計するすまいは大量生産されている住宅と同規模のものを同じ金額でというのはなかなか難しいので、私の場合、主にボリューム調整や素材の選択によって予算内に納めています。


具体的にボリューム調整とは最小限の要素で施主の希望を満足できるように、空間のつながり、ボリュームのリズム、開口部のとり方、外部とのつながり等を検討します。単に「間取り」の検討ではなく高さや様々なつながりを含めた何次元もの検討によってできあがる空間は、例え面積的には小さくなっても、数値に表せない心地よさや贅沢感がそこにはあると思います。一度我々が設計した住宅をご覧になってください。広さが必ずしも住宅の評価指標ではないという事がご理解いただけると思います。


次に素材の選択という点ですが、僕たちが設計する住宅はカタログで販売されるような商品としての住宅でもありません。商品として売られている住宅であれば全てがそれなりの状態で設えてありますが、建築家との家作りではどこまで設えるかの線引きはお施主さんと相談して自由に設定できます。コストをかけるところとかけない所のメリハリも作れます。構造材でも美しいものにはあえて内装を施さない場合もありますし、別の用途の物を仕上げ材に転用してコストを下げることもあります。


これらの事が可能なのは、お施主さんが僕に「任せる」のではなく「一緒に造る」というスタンスで臨まれているからだと思います。

昔の人は身近にある材料を用いて自分たちで住まいを造っていました。発展途上国ではまだそのような方たちがいます。しかし、日本では人が増え、制度が増え、使える材料が増え、情報が増えたが故、自分がイメージするすまいを自ら具現化することができなくなってしまい、僕らのような職種ができたのだと思っています。なので、僕らの役割は先に述べたように何次元もの検討を踏まえた提案によって、みなさんのすまい造りを手助けすることなのです。

 

建築家は皆様のすまいに対する想いを一緒に考えてくれる身近な存在として認知していただけると幸いです。

そして提案力に期待して一度扉をたたいてみてはいかがですか?

投稿者  :山田 哲也
投稿日  :2011.08.22 Monday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


「0.1億円台の住まい展」をふりかえって/熊谷猛

昔バックパック一つで海外を貧乏旅行してた時期があります。 
持ち物は最低限の着替えと洗面道具、あとは財布とパスポートだけ。 
無くしたりどこかに置き忘れる心配をするくらいならと、カメラさえ持って行かない時もあったんですが、今思えばさすがにこれはやりすぎでした(笑)。 
それらを収めるバックはせいぜい20L程度の軽登山用で、旅先で出会う同じ旅行者、特に何を運んでんの?って思うくらい巨大なバックを背負った白人のバックパッカーからは、「Amazing!」なんて驚かたもんです。
そんな具合でぶらぶらしてたんですが、極力物を持たないこんなスタイルは、とにかく身軽であり、本当に自由な気持ちでどこまでも進んで行けるように感じていました。

前置きが長くなりましたが、現在は建築の仕事にたずさわり、この設計の際にもあの時感じた自由な気持を大切にしたいなって常に思っています。
本当に必要なものを考え、シンプルに建物を構成する。 
それは空間だけでなく、構造や設備や環境についても同様です。 
さらに言えば、(自分で自分の首を絞めちゃうような考え方なんですが)建物にあまりお金をかけないほうが良いなんて思ってます。
ういたお金で旅行にでも行ってもらいたいなと(笑)。

今回、「0.1億円台の住まい」というイベントに参加させていただいたのですが、僕自身、ローコストという言葉に否定的な意味合いは全然もっていません。 
出展した住宅も、豊かな景観を楽しむことを第一に、あとはいたってシンプルに構成されています。
その設計の結果として、あまりお金がかからなかったな、なんてことになっていたら理想的ですね。

投稿者  :熊谷 猛
投稿日  :2011.08.09 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


住まいの値段 /水野 敦

新しく住まいづくりをスタートするにあたり、ほとんどの住まい手は総予算をいくらにするのか決めることから始めます。土地探しから始める方は、土地の値段を含めて考えますし、新居に合わせて家具や電化製品を新調しようとする方は、それらの費用も住まいづくりの予算に組み込んでいくのが普通のようです。その結果、最初に想定した総予算から土地や家具などの金額を差し引いた残りが建物の予算となる訳ですが、そこで設計事務所に住まいの設計を依頼すると、設計費用が余分にかかるので・・・、という風に考えてしまいがちです。実際にはハウスメーカーさんでも設計料はかかりますし、こんなネガティブな発想では気持ちの良い住まいは生まれるはずがありません。一般の方が自分の考えている住まいにどのくらいの予算が必要か正確に分からないでしょうし、低く見積もってしまった場合には建物に十分な予算を割けないため、あとあと不満を残すことになってしまいます。

私たちは設計依頼を受けるにあたり、住まいづくりの総予算をお聞きします。土地探しから始める方には、土地代を含めた予算をお聞きします。その上で、購入を検討されている土地が「住まいづくり」の中で過分でないかを判断します。購入が決まれば、残りの予算の中で設計料を含めて何が出来るかを考えます。住まい手の趣味や希望、将来の暮らし方を一生懸命考えます。一人一人違う個性を育むにはどのような器が良いのか、家族としてどのような空間が好ましいかを住まい手と相談しながら決めて行きます。住まい手との打合せや住空間の検討にかなりの時間を要します。ですから一人で受け持つできる件数には限りがあります。私たちの場合は年間2〜3件になってしまいます。現在はスタッフ含めて3名ですから、多くても年間あたり7〜8件が限界です。この人件費に支払うのが設計料となるのですが、これを高いと考えるか安いと考えるかは皆さんにお任せします。人それぞれ、考え方が違いますから。

さてAnT cafe 3rd「0.1億円台のすまい」展では、2つの住まいを紹介させて頂きました。1つ目は写真にある「ウッドデッキの家」、もう1つは「木工職人の家」です。この2つの住まいを通じて、私なりの住まいづくりの考え方、費用の割り振り方などを見て頂きました。この住まいに共通しているのが、住まい手が快適に過ごせるためのオンリーワンな空間であることです。そして、その土地の持つ能力を最大限に生かした空間が展開されていることです。私たちのつくる住まいは「量産品」ではありません。ましてや我々の利益を追求するためのものや芸術的な作品ではありません。住まい手のニーズを隅々まで拾い上げ、積み上がったものが「かたち」となった「住むための空間」です。この空間が他の住まいとどう違うのか。こればかりは文章や写真だけでは表現しきれない分が多々ありますので、オープンハウス等の機会に足を運んで感じて頂ければと思います。きっと住まいごとの相違点が見つかるはずです。


投稿者  :水野 敦
投稿日  :2011.08.05 Friday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


「建築家との家づくり」コストコントロールされたクリエイティブな住まい/水野行偉

建築家に設計をたのむということ...
 

ローコスト住宅という言い方は、あまり良い表現ではない。
ぼくたち建築家は「0.1億円台のすまい」を考えたときローコスト/低価格にしたわけではなく、コストコントロール、すなわちその内容を整理、精査しその住まいを本質的にふさわしいカタチで、デザイン、提案しますそれこそ、「建築家との家づくり」から生まれる コストコントロールされたクリエイティブな住まいだと考えます。

「建築家に設計をたのむと高い」。イメージとして多いようです
でも、ぼく自身は、工事費2000万円以下(坪単価50万円前後)で住宅をいくつも設計してきました。例えば予算が1800万円です、といわれたとき、当然それに合わせて設計します。当たり前ですが言い方を変えれば、工事希望金額も重要な設計要因のひとつです。そのとき、われわれ建築家は、ある斬新な提案をもって、そのコスト条件に答えます。ぼくの場合、シンプルな材料をつかったり、余分な間仕切りはつくらず将来工事にしたり、自分でペンキを塗ったりとさまざまです。
基本的にあまりつくりこまずに、今、本当に必要なモノはなんなのか??建主と考え、シェープされた建築をお渡しするようにしています。経験から、深く考えて、無駄な贅肉をおとせばおとすほど良い住宅になります。それが結果としてコストコントロールにつながることが、ぼくの理想です。


また、セルフビルドの経験(自分の母の家)からいうと、建築費の中の人件費は実は大変な割合です。それを自分でまかなえれば、コストはさがります。ただ、専門職の作業なので、アドバイスは必要です(添付資料。母の家を工事した時のエピソード
それぞれのエキスパートに意見をききながら, ペンキを塗ったり、簡単な家具をつくったり。。。, 自分の手の跡を、住まいにつけていきましょう!きれいな仕上がりにはならなくとも、味わいがあります。その方が楽しいです!そんなことのお手伝いも、ぼくはします。


そんなこんなで、いろいろ書いてきましたが、すべては住宅を創造する楽しみにつながります。
僕たち建築家は、クリエィターとして誇りをもって住まいを考えています。ビジネスを主としてとしてではなく、という意味です

建築家と一緒にソウゾウする、クリエイティブな楽しい住まいづくりの世界へ!














投稿者  :水野 行偉
投稿日  :2011.07.26 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


建築家がつくるロープライス、ハイバリューの家

  先月(3月中旬)、AnT cafe 3rdと題してAnTメンバーによる公開セミナーがハウステック富山ショールームを会場として開催されました。たくさんの方にお出でいただき、突っ込んだ質問も出て会話も弾み、参加された方にとっても主催者である私たちにとってもよい情報交歓ができ、有意義なセミナーとなったのではと感じています。この後もアップデートな内容を盛り込みながら定期的にセミナーを開催していこうとAnTメンバー同士で話しをしています。AnTに注目をしていただいている皆さん、ぜひまたお出でください。 さて、そのAnT cafe 3rdセミナーで各メンバーが話した内容をエッセイにして振り返ってみようということになりました。その第一番目として私が書くことになり、拙文ですが当日お話ししたことをまとめましたので気軽に読んでみて下さい。


 AnT cafe 3rd「0.1億円台のすまい」展およびセミナー 3月13日〜21日 


 建築家がつくるロープライス、ハイバリューの家 / 青山善嗣  


0.1億円台の家、つまり2000万円前後の家というのは住宅建設の中でも需要が多く、ボリュームゾーンが大きいところです。コストダウンには大量受注と標準規格の徹底が効果的ですので、受注力と開発力のある大手ハウスメーカーが競争力があり市場をリードしています。だからと言ってこの大きなボリュームゾーンを外すことは中小ハウスメーカーにとってもできるはずもありません。どのハウスメーカーも競ってこの価格帯の住宅を開発しています。しかしながら参入数の多さの割にプランのバリエーションが豊富かと言えば、コストが厳しく自由度が少ないからでしょうか、提案されているアイデアはどれもが似通っていて、一定のパターンと化しているように見受けられます。

  一方、衣や食の世界ではユニクロや吉野家は低価格であるにもかかわらず高品質が評判で多くの支持を集めています。住の分野でそのように低価格で高品質な住宅を提供する会社はあるでしょうか。個人的には「無印良品の家」 や「木造ドミノ」という商品を販売している会社などはプランのパターンを絞って仕様を標準化して低価格で高品質の商品を揃えていますので、そのような傾向が感じられるハウスメーカーですが、残念ながらユニクロのように圧倒的なシェアを業界内で獲得できておらず、どうも低価格、高品質だけで圧倒的な支持を受けてシェアを取ると言うことは住宅産業ではたいへん難しいことのようです。それはなぜなのでしょうか。 

 住宅というのは一つとして同じではない土着性を持った土地に建てることです。街並みや地域環境、歴史性や方位、敷地の形状、風向きや気温や湿度などの自然環境、あらゆることがその土地特有の条件として存在しています。 つまり、住宅というのはある地域のある土地に建つという「土着性」を持っており、住宅を建てようとする建主さんはこの土着性という条件から逃れることはできません。この土着性と自分の要望の折り合いを付けながら満足す るプランを探す旅が家づくりということなのです。コストと標準規格の徹底だけからはいい家ができない理由はここにあります。とは言っても低価格の魅力はとても大きく、その魅力に負けてこのことを理解されないで建てられる方も多いのですが、いい家の条件は土着性の要素を十分に分析し、そして善く取り込んで設計されていることといっても過言ではありません。 

 ハウスメーカーの住宅がローコストは実現しているれど、土着性という条件を加えてみたときにそこに魅力が感じられない、と思われたときにはぜひ「建築家との家づくり」をお考えいただきたいと思います。私たち建築家は それぞれの案件について個別に土着性を紐解き、予算に応じたコストプランニングを行い、総合的な観点から設計提案をいたします。長い年月を共に過ごす家がローコストだけに惹かれて発注してつくるというのは如何でしょう か。土着性という要素も含めて設計力で価値を生み出す「建築家との家づくり」をぜひご一考いただければと思います。

投稿者  :青山 善嗣
投稿日  :2011.04.16 Saturday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


AnTによせる思い 水野A

 AnTメンバーの皆さま、日曜日はお疲れまでした。
プロローグとしては、まずまずの成果だったのではないでしょうか。
ただ私個人としては、突然のトップバッターのご指名に舞いあがった感がありましたので、
そこは反省点として、しっかり次回以降につなげたいと思います。

大阪から拠点を富山に移した折より、このような活動が始まることを切望していました。
それだけに今回の集まりに対しては、とても強い想いがあります。
お互いの作品を真摯に批評し合い、改めて自分を見つめなおすことで
住まい手や社会に対して、より良いケンチクを残すことができればと思います。
少し堅苦しくなりましたが、この会が長く継続することを期待しています。

最後に。
どうも水野×2をA,Bと称するのには抵抗があります。
私はイニシャルがAだから、あながち間違ってもないですが。
何か良い呼び方ないでしょうか。

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2010.04.27 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


AnTによせる思い 横山

 AnTの皆様、先日はお疲れ様でした。

コーディネートしていただいた水野行偉さん、ありがとうございました。

AnTの0回目のイベントは大成功だったのではないでしょうか。

一応、今回のイベントは一般の方々向けの予定でしたが、建築プロパーの参加者が多かったため、どちらかというと専門家向けの討論会になりましたね。

時間の都合上、作品の発表とそれに対する幾つかの質疑という内容になりましたが、それぞれの作品の話を、もう少し掘り下げて議論できればと思いました。

そうした不完全燃焼感が二次会、三次会で、お酒の力を借りて爆発してしまい、濱田さんや青山さんや水野行偉さんにかみつくように意見してしましました。
かみつかれた方々、申し訳ございませんでした。

かみつくのも好きですが、どちらかというと、かみつかれるほうが好きなので、みなさんよろしくお願いします。

多少しんどいところもあるとは思われますが、僕はAnTを、メンバー同士が膝をつき合わせて、
突っ込んだ内容を、遠慮無く議論できる場としていきたいと思っています。

今後行われる、見学会や座談会で皆さんと議論できることを楽しみにしています。


投稿者  :横山 天心
投稿日  :2010.04.27 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


AnTによせる思い 熊谷

皆様ご苦労様です。

先日のスライド会とっても良かったです。
なんだか学生時代の講評会を思い出し、新鮮な気持にさせられました。
これからは個々の作品に加えて、何かテーマを定めてお互いの考えを発表しても面白いかもですね。(ディテール・素材・形体w等々)
会のスタンスとしては、基本的にゆるい集まりでありつつも、締めるときは締めるって感じでしょうか。
メンバー同士の批評にしても、厳しさの中に、建設的で愛あるものでありたいですね。
てゆうか、次回僕が発表するときはホント優しくお願いします。こう見えて打たれ弱いんで・・・(笑)

それとホームページなんですが、たとえは今回のようなイベントをビデオ撮影してアップし、過去の企画のアーカイブみたいなページを作っても面白いかなと感じました。
積極的な情報発信を継続して行い、ホームページもドンドン充実させていけば良いと思います。

あとブログの名前ですが、山田さん案の「AnT Blog」良いですね。
あとは検索を考慮してプラス、サブタイトルって感じでしょうか。

投稿者  :熊谷 猛
投稿日  :2010.04.27 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


AnTによせる思い 山田

みなさま日曜日はお疲れさまでした。

5人分の発表はさすがに見応えありました!
概念的な話題からディテールの話題まで。終始活気のある討論会でしたね。
批評し合う事の大切さを再確認できたよいイベントでした。

恐らくメンバー全員が楽しかったという印象をお持ちかと思います。
これから予定される、21美解説付き見学会(吉村さん是非!)やCAAKイベント、
オープンハウスや合同視察等など、是非実現させて楽しみましょう!

そして、そういった活動の中から一般の方々へも建築の楽しさをお伝えできればいいなと思っています。

それではみなさま、今後ともよろしくお願い致します。

ちなみに、名前についてですが、あっさりと「AnT blog」でいいと思います。

投稿者  :山田 哲也
投稿日  :2010.04.26 Monday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)



■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others