AnT café 16th 終了しました

AnTメンバーの水野行偉さん設計のお店「リレミトコール」は

日常からの脱出をテーマにつくられた居心地の良い空間でした。

常設されたプロジェクタースクリーンの他、
大きなモニターに映し出されたプレゼンテーションは、
いつも以上に美しく分り易いものでした。
そんな雰囲気の AnT café ですが、発表者の水野さんの作品を道古さん、
道古さんの作品を水野さんが解説するという難しくも楽しい会。
そりゃ、一般の方に分っていただくには、
まず同業の方に見透かされるくらいに判らなければね。。。
という感じでしょうか。

おかげで水野さんの空間に落とし込む「光」へのこだわりや、

道古さんの各々空間がどのように見え繋がっていくかのこだわり、

そのほかデザインに対する考え方の違いなどが露になって楽しめました。
終了後にはオフ会としてメンバーだけの意見交換の場。
ここではモデレーターを勤めた吉村さんの設計プロセスを聞きながらの食事タイム。

とても充実した時間を過ごすことができました。

会場となった「リレミトコール」、また利用したいですね。(A.Mizuno)

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2018.05.21 Monday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT 冬の会 2017 終了しました

年間4回の活動をしているAnTですが、今年は「かなくれ食堂」と「立山まちなか文化祭」の大きな2つのイベントにも参加させて頂きました。そういう訳で今年の冬の会は慰労会もふくめた本格的忘年会!。。。となることもなく、例年通りの各々の作品を語り合う会となりました。今回はゲストとして、法澤建築デザイン事務所の法澤ご夫妻、○△□の吉川さんの作品に加え、メンバーの吉村さんの作品をじっくり拝見しました。いずれも素材感あふれる空間で、なかでもいずれの作品にもリノベーション物件があったため、三者の空間の作り方の違いなども伺え、非常に興味深かったです。

そして恒例となった濱田さんのプレゼンテーションは、来るかもしれない「新バブル崩壊」に向けて警鐘を鳴らした・・・かどうかは不明ですが、今年も楽しく拝聴することが出来ました。

そして4回目となった、AnT of the year 2017。12人いるアントメンバーの今年の作品の中から一番を決めるわけですが、なんと私、水野敦の里山の家が受賞しました。まさか!ということですっかり油断していたので、しばらくは実感が湧きそうにありませんが、頂いた丹羽聡子さん作の記念オブジェに恥じないよう、今後も精進したいと思います。(A.Mizuno)

 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2017.12.20 Wednesday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


立山まちなか文化祭に参加しました

「まちなかに賑わいを!」という趣旨で、およそ半年にわたって企画準備をしてきた「立山まちなか文化祭」ですが、このたび無事終了しました。AnTメンバー数人に加え、立山町やその周辺地域のかたを実行委員メンバーとしたイベントですが、会場設営から内容にいたるまで手探りのなかで知恵を出し合い2日間のイベントを作り上げました。11/18・19日の開催期間中は天候も悪く気温の低いなかにも関わらず、多くの方に来場いただくことができました。
期間中に開催されたセミナーを通じ、アクションを起こしたい「ひと」がいて、それを助けてくれる「ひと」が必要なこと、そしてそれを見た「ひと」が行動を起こし、それが「まち」全体に波及していくことなどを学びました。このイベントを開催するにあたっても「ひと」が「ひと」を呼び、みんなで知恵を絞り、行動し、普段は会わないような「ひと」がつながっていくことを肌で感じました。短い準備期間で何かと大変でしたが、このイベントに参加してくれた子供やその親、そして地域に住む方々が自分たちの住む「まち」の魅力を再発見し、楽しみや希望をもって住み続けてくれることに期待しています。
最後に関係者の皆さん、お疲れさまでした。(A.Mizuno) 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2017.11.20 Monday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT 秋の会 2017 終了しました

今年のAnT秋の会は、湯涌温泉付近にある谷重さんの自宅にお邪魔した。山の中なので野外にてバーベキュー。みんなそれぞれのものを持ち寄り、キッチンスタジアム2017が開催された。僕はその日釣ってきた鮎。みんなの投票の上、優勝したのは横山さんのスペアリブ。ほんのりカレー味で最高でした。その他にも、サーモンの燻製、ホットサンド、シーフードなどなど。最後には恒例、林さんご夫婦のおいしいデザートも出て大大満足でした! 建築家の集まり、もちろんそれだけでは終わりません。内部会と言うことで外には言えない今までの建築をしてきた上での失敗が1人ずつ発表されて僕は大変勉強になった。皆さんに歴史ありな感じでした。

谷重さんのご自宅は誠に素晴らしいお住まいで感動的。自然に包まれた居心地の良い場所。街中からはなれて住む苦労も想像できるが、それも楽しんでおられる感じで感心する。 みずみずしい空間がたくさん広がっていて、本当に気持ちのよいところでした!(Y.Mizuno)

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2017.09.17 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT café 15th 終了しました

メンバーの中斉さん設計の新川神社の参集殿をお借りして、会場近くの Cafe MicT さんの美味しいコーヒーを頂きながらの AnT café、多くの方にご来場頂き15目の開催を終えることが出来ました。 今回は2人の建築家の違いを探る試みとして、マルチスクリーンによる対談形式で進めています。予め準備した4つのテーマ(クライアントの望むもの/敷地の読み方/コストマネージメント/オリジナリティを考える)に沿って、青山善嗣さん、中斉拓也さんの(メンバーの中の最年長と最年少の二人)の設計の進め方や考え方の違いなどを探ってみました。ちょうど会場にいらした二人のクライアントの話を交えながらの3時間。とても充実した時間となりました。 また会場を提供いただきました新川神社さまには改めて御礼申し上げます。(A.Mizuno)

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2017.06.11 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


かなくれ食堂

「かなくれ食堂」かなくれ会とAnT シンポジウム、無事終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。5人の陶芸家の日々の暮らしと作陶風景。12 人の建築家のその地に住み続けるための実例。
住む土地でとれる粘土を使って何世代にもわたり、作陶し続けてきた越中瀬戸焼きの方々。日常は自然に周辺の環境と馴染み、うけいれながら、共に生きる姿。とても清らかな感じがしました。
建築家からでた、古き良きものをアイデアやデザインの力によって再生する話。そこには共通して、その場に住む人たちの、熱意や親密感があり、このような意識のある、人が一番大事な要素だと気がつきました。
 2つのそれぞれの集まりの交わりは少しずつではありましたが生じ、今回はもう時間が来てしまったようです。もっと深い話になるには、またの機会を楽しみに待つことになりました!関係者の方々、ありがとうございました。(Y.Mizuno)


会場:陶の里「陶農館」にて

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2017.02.19 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT 冬の会 2016 終了しました


アント忘年会ときに開催している、AnT of the year 2016。

12人いるアントメンバーの今年の作品の中から一番を、ゲスト建築家を含めた皆さんの投票で決める恐ろしい大会です! 今年は開催3回目にして、連続優勝している谷重さんの三連覇を誰が阻むか? ということでしたが、フタをあけてみると〜〜やっぱり谷重さんに持っていかれました。トロフィーの黒いサンタは彼のものとなり、三色のサンタがそろった結果におわりました。おめでとうございました! 谷重さんのご自宅の増築は本当に素晴らしい。表も裏もない建築の素材そのままの空間。なんと潔い、力強さ。圧倒的に美しい建築の姿に、ただただ感心してしまいました そして、相変わらずトリの濱田さんの余興は素晴らしかったです。大爆笑させていただきました。本当にいつもありがとうございます。(Y.Mizuno)

 

 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2016.12.15 Thursday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT café 14th 終了しました

AnT Cafe 14 in 内川、参加してきました。 2つのリノベーションした建築を拝見した。
片方は町の中にすっかり溶け込み、そこで仕事する人のために再生されていた。美しくうまれかわった町家。設計者濱田さんの力量とセンスがいかんなく発揮された魅力的な空間でした。ここに勤める若い女性が歩く風景が近所の方から評判だと言う話が、印象的でした。
もう一方はカフェ。どちらかといえば、クライアントの正統な要求を受け入れ、現実性を優先したカタチ。コンセプトが明快なだけに空間も正直に立ち上がる。協力した学生からでた案もみてみたかった。たくさんのスタディをへた経過がひとつの建築に集約できなかったことは残念!?大胆な小屋組から感じられる、この建築の力をどう整理し補強するか?設計者のいう「延命」という言葉が、この難しい状況と結果をよく表していたように思う。
やはり改装の場合、その背景が建築に大きく影響する。幸福にも不幸にも、なってしまうその結果に大きく影響する。とても勉強になった時間であった。(Y.Mizuno)

 

 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2016.11.13 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT 夏の会 2016 終了しました


今年も横山さん設計の木津の庄コミュニティにて、三名のゲストをお迎えし夏の会を開催しました。 こちらは何と言っても2列あるキッチンがとても便利でメンバーが料理を作り、 食事をしながら作品発表を行いました。 今年の発表者は中斉さん、水野行偉さん、谷重さんの三名。 加えて、恒例となった濱田さんの建築自論。 折しも閉幕を迎えるリオ五輪になぞらえての発表でした。 さて食事の方ですが、ただ作るだけでなく、最後は美味しかった料理に投票です。 最優秀賞は濱田さん。。。とシェフを務めた神田君の燻製でした。 飲んで食べて、時折ケンチクの会は今年も楽しく終了しました。 明日からの仕事へ、良い息抜きになったのではないでしょうか。 皆さん、遅くまでお疲れ様でした。(A.Mizuno)

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2016.08.21 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)


AnT café 13th 終了しました

今日はAnT Cafe 13でした。ご来場いただいたたくさんの方々ありがとうございました。 建築の話しにどっぷりつかる。 ひさしぶりに楽しかった!本日のテーマは「旅先けんちく日記」ヨーロッパとその周辺に実際に行った写真を交えて説明された。建築の場所性、歴史、様式など、大文字な建築がたくさん出てきて、圧倒され、あらためて考え、やっぱり素晴らしいとおもった。
cafe time では、今回初参加の道古麻紀子さん, 中斉拓也さんのアント参加表明講演!2人してフレッシュでしたよ〜。素敵な会場 : COUP (お花屋さん)にて

最初は林芳弘さん
ポルトガル、スイスを中心に土地の風土なども織り交ぜての発表でした。
見たい建築が沢山出てきて羨ましい限りです。

続いて中斉拓也さん
新しくメンバーに加わることになりました。
師の濱田さんも心配そうに見守ります。
なぜか同じポーズで。。。

そして道子古麻紀子さん
同じく新メンバーとなりました。
キャラクターでしょうか、皆さんに突っ込まれますが、
コミュニケーション能力の高さでかわして行きます。

最後は熊谷猛さん
ヨーロッパの建築様式を時系列ごとにまとめての発表でした。
マニアックな部分も多かったですが、熊谷さんの知識の豊富さの証ですね。


 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2016.03.27 Sunday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)



■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others