住まいの値段の内訳/林芳宏

  これまでのAnTメンバーの投稿を元に少し硬い話をしたいと思います。
建築の値段を評価するには中身がどうなのかを考えた上でなければ、ただ金額だけで高い、安いは評価できません。

建築工事の値段は基本設計が終わった時に出す概算工事金額と実施設計が終わった後に出す最終的な工事金額があります。
概算工事金額は設計者がこれまでの実績や今回の特殊事情などを基にして算出するもので、実施設計を始める前に予算に合っているかを確かめる作業になります。ここで、予算オーバーになった場合は中身を見直し、建築主と相談して内容の変更を行います。それを基に実施設計を行い、詳細を決めていきます。実施設計が終わったら、入札又は特命工事で施工会社に見積もりを依頼します。

元請け会社が作成する見積書の内訳をおおまかに分けると


1.直接工事費 2.総合仮設費 3.諸経費 に分けられます。


1の直接工事費は様々な工種に分けてそれぞれの工種の専門会社が見積もりしたもので、材料費と工賃に分けて見積もりされます。

2の総合仮設費は工事中の仮設用電力費や水道代や仮設事務所費など、工事全般にかかる費用で、直接工事費の金額に一定の割合で算出された金額です。

3の諸経費は施工管理担当者の人件費や元請け会社の経費や利益を示します。


設計者は特に直接工事費の見積もりを数量や単価の部分をチェックして妥当かどうかを確認します。数量は実施設計に基づいた実数量に歩留まり分などを足して算出されますので、確認の対象となります。単価もこれまでの実績や市場単価の資料を基にして確認します。

つまり、何にどれ程の値段がかかっているのかを正確に把握します。ですから、工事中の追加工事も一体どれだけ追加なのか数量で確認できますので金額が増えないように他で下げるなどの調整もできます。


「坪いくら」や「一式いくら」だけで決まった工事費ではないので中身を正確に把握した上で建築主に説明して納得していただいた金額であることは、施工者にとっても透明な工事となっているので、最後まで皆が納得して工事を進められるということです。わかりにくい工事金額の中身を建築主に代わって正確に把握することは建築主にとってはなにより納得できることだとおもいます。


数社の施工会社へ見積もり依頼をした場合、競争になるので、安くなる傾向にありますが、金額の中身を正確に確かめて比較しないと、契約後に数量不足や、見積もり忘れがあったりしては工事金額が変わってしまいますので設計者は神経を使います。

その結果、適切な金額で工事できれば建築主にとっては安くて良い買い物になるわけです。これは中立的な立場で工事金額を査定できる設計者があってのことなので建築主には安心できる存在だと言えるでしょう。そして設計図通りに工事が行われているか、見積の内容通りになっているかも設計者がチェックしますのでさらに安心です。


建築工事の金額は正確に中身を把握することで初めて意味をもつといえるでしょう。

投稿者  :林 芳宏
投稿日  :2011.09.09 Friday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


コメント
コメントする








   

■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others