AnT cafe 9th 終了しました



ご報告が遅くなりましたが、11/4(日)に高岡のカフェ & レストラン kulareさんで開催した9回目のAnT cafe。
連休中の開催となったこともあってか、30名ほどの少人数の参加となりました。
お休み中の貴重な時間を割いてお越し頂いた皆さま、ありがとうございます。

さて内容ですが、前半は水野敦が10月に竣工した「長附の家」を元に、後半は濱田修さんが8月に竣工した「和合の家」を元に素材について話し、それぞれ他のパネラーが各自の素材感などを話すというかたちとなりました。ここで面白かったのが、熊谷さんが用意した濱田さんの作風の変遷史。作風の変化がみられた訳ではありませんが、その作られた年々の濱田さんの興味の移ろいが感じられた面白いリポートでした。

こうして第9回目を終えた訳ですが、次回はきり良く第10回。どちらで開催しようかなど、その後の打合せも一段と盛り上がりました。


 

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2013.11.28 Thursday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(1)


コメント
みなさんAnT cafe 9thおつかれさまでした!
AnT cafeもはや9回目。常連さんも増えて、建築の話に興味を持って聞かれる人たちが以外とおられることが、わかってきました。それだけ、建築はおもしろく、奥行きあるものだという証です。
いつも思いますが、建築の話は例えばその住宅が、良いとか悪いとかってことではありません。国語の授業のように答えは無限にあります。その建築家の考えをきいて、共感すること、???と思うこと、さまざまです。それでも、他の建築家の話を聞くのは勉強になります。 
すばらしい建築は理屈抜きに感動するものです。ぼくたち建築家は日々切磋琢磨し、個々にそんな建築を捜しながら、格闘し仕事をしています。 AnT cafeはそんなわれわれのプレゼの場なんです。 今後ともどうかおつきあいくださいませ!
コメントする








   

■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others