AnT 冬の会 2019 終了しました

今年は多忙なメンバーも多く、冬の会が最初で最後の会となりました。

その分、発表内容は十分以上に充実し、賑やかで実り多い時間を過ごすことが出来ました。
この日のメインは某プロポーザル提出案の発表会。
残念ながら最優秀案に選出された方が出なかったことから、
名付けて「負け犬の遠吠え展」。
本来は主催者側で案が開示され、参加者の目に留まるものですが、
このプロポーザルは少し閉鎖的だったようで…。
ならばということで、参加者独自に案を発表し、
お互いの優れているところや足りないところを学ぼうという名案。
発表者の熱が入った内容だけに大いに盛り上がりました。
そして冬の会恒例の AnT of the year 2019 は厳正な審査の結果、
青山さんの「愛宕町の家」に決定しました。
狭小の宅地を巧みに使い、安定の品質で上質な空間を作り上げたことが評価されました。
今年も記念品として丹羽聡子さんのオブジェが贈られましたが、
ぜひ事務所の一番目立つ場所で飾って下さいね。
今回も賑やかに、そしてあっと言う間に時間が過ぎた冬の会ですが、
来年の皆さんの活躍の素になる刺激の多い時間だったと思います。
皆さん、一年、お疲れさまでした。

(A.MIzuno)

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2019.12.11 Wednesday
カテゴリー:-
コメント :comments(0)


コメント
コメントする








   

■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others