住まいの値段 /水野 敦

新しく住まいづくりをスタートするにあたり、ほとんどの住まい手は総予算をいくらにするのか決めることから始めます。土地探しから始める方は、土地の値段を含めて考えますし、新居に合わせて家具や電化製品を新調しようとする方は、それらの費用も住まいづくりの予算に組み込んでいくのが普通のようです。その結果、最初に想定した総予算から土地や家具などの金額を差し引いた残りが建物の予算となる訳ですが、そこで設計事務所に住まいの設計を依頼すると、設計費用が余分にかかるので・・・、という風に考えてしまいがちです。実際にはハウスメーカーさんでも設計料はかかりますし、こんなネガティブな発想では気持ちの良い住まいは生まれるはずがありません。一般の方が自分の考えている住まいにどのくらいの予算が必要か正確に分からないでしょうし、低く見積もってしまった場合には建物に十分な予算を割けないため、あとあと不満を残すことになってしまいます。

私たちは設計依頼を受けるにあたり、住まいづくりの総予算をお聞きします。土地探しから始める方には、土地代を含めた予算をお聞きします。その上で、購入を検討されている土地が「住まいづくり」の中で過分でないかを判断します。購入が決まれば、残りの予算の中で設計料を含めて何が出来るかを考えます。住まい手の趣味や希望、将来の暮らし方を一生懸命考えます。一人一人違う個性を育むにはどのような器が良いのか、家族としてどのような空間が好ましいかを住まい手と相談しながら決めて行きます。住まい手との打合せや住空間の検討にかなりの時間を要します。ですから一人で受け持つできる件数には限りがあります。私たちの場合は年間2〜3件になってしまいます。現在はスタッフ含めて3名ですから、多くても年間あたり7〜8件が限界です。この人件費に支払うのが設計料となるのですが、これを高いと考えるか安いと考えるかは皆さんにお任せします。人それぞれ、考え方が違いますから。

さてAnT cafe 3rd「0.1億円台のすまい」展では、2つの住まいを紹介させて頂きました。1つ目は写真にある「ウッドデッキの家」、もう1つは「木工職人の家」です。この2つの住まいを通じて、私なりの住まいづくりの考え方、費用の割り振り方などを見て頂きました。この住まいに共通しているのが、住まい手が快適に過ごせるためのオンリーワンな空間であることです。そして、その土地の持つ能力を最大限に生かした空間が展開されていることです。私たちのつくる住まいは「量産品」ではありません。ましてや我々の利益を追求するためのものや芸術的な作品ではありません。住まい手のニーズを隅々まで拾い上げ、積み上がったものが「かたち」となった「住むための空間」です。この空間が他の住まいとどう違うのか。こればかりは文章や写真だけでは表現しきれない分が多々ありますので、オープンハウス等の機会に足を運んで感じて頂ければと思います。きっと住まいごとの相違点が見つかるはずです。


投稿者  :水野 敦
投稿日  :2011.08.05 Friday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


「建築家との家づくり」コストコントロールされたクリエイティブな住まい/水野行偉

建築家に設計をたのむということ...
 

ローコスト住宅という言い方は、あまり良い表現ではない。
ぼくたち建築家は「0.1億円台のすまい」を考えたときローコスト/低価格にしたわけではなく、コストコントロール、すなわちその内容を整理、精査しその住まいを本質的にふさわしいカタチで、デザイン、提案しますそれこそ、「建築家との家づくり」から生まれる コストコントロールされたクリエイティブな住まいだと考えます。

「建築家に設計をたのむと高い」。イメージとして多いようです
でも、ぼく自身は、工事費2000万円以下(坪単価50万円前後)で住宅をいくつも設計してきました。例えば予算が1800万円です、といわれたとき、当然それに合わせて設計します。当たり前ですが言い方を変えれば、工事希望金額も重要な設計要因のひとつです。そのとき、われわれ建築家は、ある斬新な提案をもって、そのコスト条件に答えます。ぼくの場合、シンプルな材料をつかったり、余分な間仕切りはつくらず将来工事にしたり、自分でペンキを塗ったりとさまざまです。
基本的にあまりつくりこまずに、今、本当に必要なモノはなんなのか??建主と考え、シェープされた建築をお渡しするようにしています。経験から、深く考えて、無駄な贅肉をおとせばおとすほど良い住宅になります。それが結果としてコストコントロールにつながることが、ぼくの理想です。


また、セルフビルドの経験(自分の母の家)からいうと、建築費の中の人件費は実は大変な割合です。それを自分でまかなえれば、コストはさがります。ただ、専門職の作業なので、アドバイスは必要です(添付資料。母の家を工事した時のエピソード
それぞれのエキスパートに意見をききながら, ペンキを塗ったり、簡単な家具をつくったり。。。, 自分の手の跡を、住まいにつけていきましょう!きれいな仕上がりにはならなくとも、味わいがあります。その方が楽しいです!そんなことのお手伝いも、ぼくはします。


そんなこんなで、いろいろ書いてきましたが、すべては住宅を創造する楽しみにつながります。
僕たち建築家は、クリエィターとして誇りをもって住まいを考えています。ビジネスを主としてとしてではなく、という意味です

建築家と一緒にソウゾウする、クリエイティブな楽しい住まいづくりの世界へ!














投稿者  :水野 行偉
投稿日  :2011.07.26 Tuesday
カテゴリー:04 リレートーク
コメント :comments(0)


春の行楽会を行ないました

去る4/23の午後、「春の行楽会」と題してAnTメンバーが設計した建物の見学と勉強会を行ないました。最初に訪れたのは青山善嗣さん設計の岩瀬スポーツ公園内にあるトイレです。このトイレは富山県のプロポーザルで青山さんが設計者に選定されたものですが「臭わないトイレにしたい!」という青山さんの強い想いが込められた空間でした。内部は杉のルーバーから入る優しい光で包まれ、潔感のある繊細なデザインが青山さんらしい建物でした。続いて場所を常願寺公園に移し、同じく富山県のプロポーザルで濱田修さんが設計者に選定されたトイレを見学しました。プロフィリットガラスで囲まれたこちらのトイレは、公園の樹木と呼応する、風景に溶け込む佇まいでした。軽やかな構造体とシャープなディテールは、いかにも濱田さんらしい建物でした。

岩瀬スポーツ公園
常願寺公園

この後、青山さん設計の住宅を見学させて頂いた後、建築家の黒川雅之さん設計の加藤邸にて、勉強会を開きました。今回の講師は、高岡市出身でエストニアにて活躍されている林知充さんです。林さんには近作の他、エストニアの情勢や文化を含めて講演頂きましたが、異国に単身乗り込み活躍される姿は素晴らしいの一言につきます。説明を受けた現在進行中のプロジェクトも大変興味深いもので、できれば直に見てみたいと思わせるものばかりでした。

特別講師の林知充さん

忙しいメンバーが多く、途中参加や退席などもありましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。次回は、秋の行楽会。。。があると、いいなぁ。濱田さん、また企画して下さい!

投稿者  :水野 敦
投稿日  :2011.04.27 Wednesday
カテゴリー:01 活動報告
コメント :comments(0)



■カテゴリー

■アーカイブ

■リンク

others